星座物語
  満天の星空をもっと楽しくする星座と神話、伝説の物語 
       
簡単に言いますと、都会の明るさでは1.2等星くらいの
明るさの星(約40〜50個)しか見えませんが清里高原では
4〜6等星(約3〜4000個)くらい見えますので
都会の100倍くらい見えるということです。    
そんな星降るような高原の夜空はじっと見ているだけで
夢やロマンが感じられます。春夏秋冬、その星座には
多くの神話があり、古代から語り継がれており、
それをちょっと知るだけで、星空を見る楽しさが何倍にも
膨れ上がります。 古代の人々にとって夜空の星座は
ロマンあふれる物語の舞台であり、英雄や美しい王女、
豊かな想像力が生んだ怪獣たちが出てきます。                   
星座と神話の話には、天の川は欠くことが出来ません。
この天の川は地球から見た銀河系の姿なのです。   
私たちの地球が銀河系円盤の中に埋もれているため、
天の川(銀河系)は川のように見えるのです。      
天の川は2000億個の星からなり、直径10万光年の
銀河なのです。太陽系は銀河系の中心から
約2万8000光年のところを秒速200キロの猛スピードで
回っています。しかし銀河系全体を1回転するのに2億年
かかるのでこれを1銀河年というのです。                 
太陽系が銀河の反対にあった頃には、地球上では
恐竜が活動していました。
現在、宇宙の年齢を150億年とすると銀河系が
生まれてからまだ60〜70回転しかしていません。                                                                                                   
七夕は年に一度、おり姫星(織女星、西洋風には、こと座のベガ)と、ひこ星(牽牛星、西洋風には、わし座のアルタイル)が天の川をわたってデートすることを許された特別な日とされています。中国の七夕伝説はこちらをご覧ください
織り姫とひこ星の見つけ方 なぜ梅雨時に七夕祭りをするの?
春の星座物語 夏の星座物語
おおくま座
こと座
おとめ座
いて座
かんむり座
ヘラクレス座
秋の星座物語 冬の星座物語
はくちょう座
オリオン座
やぎ座
ふたご座
ペルセウス座ペガスス座
カシオペヤ座アンドロメダ座
〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661