ふたご座の星座物語  
  仲良しの双子カストルとポルックス
星座物語トップへ戻る 

  ふたご座は星占いの星座の一つとしてよく知られています。
その起源は古く、古代バビロニアでも「大きな双子」とよばれていました。
ギリシア神話ではこれをカストルとポルックスの双子の兄弟に見立てています。
2人はスパルタの王妃レダが産んだ卵からかえりました。
兄のカストルはスパルタ王の血を受けたが、
弟のポルックスは大神ゼウスの血を受けたため不死身でした。
兄弟は仲良く成長し、カストルは戦術にすぐれ、
ポルックスは格闘技の達人になりました。
双子の兄弟は共にさまざまな冒険を行って活躍した。
なかでも有名なのがアルゴ船遠征の物語です。
ギリシアのイオルコスの王子ヤーソンは成人すると、
叔父ペリアスに王位を返して欲しいと要求した。
腹黒いペリアスはコルキスにある金毛の羊皮を持ってきたら
王位を譲ろうと難題を出しました。
コルキスは黒海の奥にある国で、当時はとても行き着けないと
考えられていたところでした。
ヤーソンはコルキス遠征を決意し、50人の勇士をギリシア各地から募った。
カストルとポルックスの兄弟をはじめとして、
ヘルクレス、音楽の名手オルフェウス、
医師アスクレピオスなどの名だたる勇士がこれに応じました。
また彼らを運ぶ大型の船が建造され、「アルゴ(快速)」と名づけられました。
ギリシアを出発した一行は途中色々な危険に会いながらも、
力を合わせて何とか切り抜けて行きます。
ある時大嵐が起こり、船は今にも転覆しそうでしたが、
オルフェウスは船べりに立ってハープを奏で、神々に祈りました。
するとカストルとポルックスの頭上に大きな星が一つずつ輝きだし
嵐を鎮める力が与えられました。
このことから双子の兄弟は航海の守り神として仰がれるようになったといいます。
アルゴ船は無事に目的地に着き、金毛の羊皮を手に入れた一行は
イオルコスへ凱旋しました。
双子の兄弟はその後も冒険に挑んで行きます。しかし、仲間の裏切りに会い、
カストルは命を落としてしまいました。
後に残った不死身のポルックスは自分も死んで一緒になりたいと
ゼウスに願い出ました。
こうして兄弟は半年を天上で暮らすようになりました。
これは、ふたご座が冬から春にかけて宵の空でみられ、
後の半年は見えないことから考えられた物語だと言われています。

ふたご座検索

2月から3月の宵には、ふたご座はほぼ頭上に来ています。
南東の方向に向かって立ち、思い切って顔を上げてみましょう。
二つの明るい星が2個、右斜めに約5度の間隔で
並んでいるのですぐに分かります。
右上がふたご座のアルファ星カストル、左下がベータ星のポルックスです。
カストルの明るさは1.6等、ポルックスは1.1等で
アルファ星よりもベータ星のほうが明るい。
しかしカストルの光は白くポルックスの光は赤みが掛かっていて、
赤い星はやや暗く感じるので、
二つの星は殆ど同じ明るさに見えます。
カルトルとポルックスはふたごの兄弟の頭に輝いています。
二つの星の列が、仲良く腕を組んだふたごの姿を形作っています。
ふたご座のすぐ下にはクリーム色の1等星がぽつんと輝いています。
こいぬ座のプロキオンです。
プロキオンはオリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウスとともに
巨大な三角形を描いています。
これが「冬の大三角形」で、
ふたご座は冬の第三角形の左上方に位置しています。
日本でもカストルとポルックスの二つを「兄弟星」と
呼んでいた地方があったそうです。

 
〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661