ペルセウス座とペガスス座の
星座物語 

 英雄のメデューサ退治
星座物語トップへ戻る 

勇敢なペルセウスのお話です。昔、ギリシャのペロポネソス半島の南に、
アルゴスという国がありました。
アルゴスの王様アクリシオスは不吉な予言に頭を痛めていました。
その予言とは「ひとり娘、ダナエの産んだ子が祖父であるアクリシオスを
殺すであろう。」というものです。
不安になったアクリシオス王は、ダナエを地下室に閉じ込めてしまいました。
しかし、美しいダナエを見て気に入った大神ゼウスが、
黄金の雨となってダナエに降り注ぎ、
ダナエはゼウスの子を産みました。驚いたアクリシオス王は、
ダナエと赤ちゃんを箱に入れ、海に流してしまいます。
流されたダナエと赤ちゃんはセリボス島に流れ着き、
ポリュデクテス王のもとに引き取られました。
赤ちゃんはペルセウスと名づけられ、立派な青年に成長しました。
ポリュデクテス王はダナエに好意を持ちますが
ペルセウスがいつも母のそばにいたので、思いをとげることは出来ませんでした。
ペルセウスを邪魔に思ったポリュデクテス王は、ある時ペルセウスに
「魔女ゴルゴンの首を取る」という約束をさせます。
魔女ゴルゴンは蛇の髪を持つ3姉妹で、見たものすべてを
石にしてしまう魔力を持っています。
普通に戦ったのではとても勝ち目はありません。
困っているペルセウスをかわいそうに思い、
勝利の女神アテナは、ゴルゴン姉妹の中で不死身ではないメデューサを
たおせと教えます。
伝令の神ヘルメスは青銅の刀を、魔女グライアイは姿が
見えなくなる冑と魔法の袋を、
アテナは鏡の盾をペルセウスにさずけます。
ペルセウスはこれらの武器を使って、
寝ているメデューサに近づき、メデューサを見ないようにして、
その首を切り落としました。
メデューサから流れ出た血の中から、天馬ペガススが誕生しました。
ペルセウスは、メデューサの首を魔法の袋にしまうと、
ほかのゴルゴン姉妹が追ってこないうちに、
天馬ペガススにまたがって飛び去りました。

ペルセウス座とペガスス座検索

ペルセウス座は秋の空に見える星座で天の川の中にあります。
後から紹介するペガスス座の北東に輝きます。
また、毎年8月12日頃に多く流れる、ペルセウス座流星群としても知られています。
ペガスス座は天馬ペガススを形どった星座で、秋を代表する星座のひとつです。
形に特徴があるので、暗い星ばかりの秋の星空の中では、見つけやすい星座です。
ほぼ真上の空を、天馬が翔けています。
また、ペガスス座の「秋の四辺形」の各辺をあちこちにのばしていくと、
ほかの星や星座の位置の見当をつけることが出来ます。

 
〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661