カシオペヤ座とアンドロメダ座の
星座物語
 
 王妃カシオペヤと娘アンドロメダ姫
星座物語トップへ戻る 


エチオピアの王妃カシオペヤは、とてもきれいな人でしたが、少しうぬぼれたところがありました。
ある時「私は海の妖精ネイレードの50人姉妹よりも美しい」と自慢をしました。
ネイレードたちは、気高い海の妖精です。
ネイレードたちの父、海の神ポセイドンはカシオペヤの言葉にたいそう腹を立てて、
エチオピアの海岸に海の怪物ティアマトを送りました。ティアマトは、津波を起こして大暴れします。
人々はおぼれ、船は沈没して魚も獲れません。困ったエチオピア王ケフェウスと王妃カシオペヤは、
神のお告げを聞きに行きました。すると「海の怪物を鎮めるには、娘のアンドロメダ姫をささげなさい」という、
とんでもないお告げがありました。この神のお告げは、すぐにエチオピアの人々に伝わり、
アンドロメダ姫は宮殿から引きずり出され、海岸の岩にくくりつけられました。
やがて、おそろしいティアマトが現れ、アンドロメダ姫めがけて近づきました。
そこに通りがかったのが、メデューサを退治したばかりのペルセウスです。
ペルセウスはメデューサを退治した後、セルボス島に帰る途中でした。
天馬ペガススにまたがったペルセウスは、海の怪物ティアマトの前に出ると、
持っていたメデューサの首を魔法の袋から取り出しました。
メデューサの首を見たティアマトは、たちまち石になってしまいました。
こうして、ペルセウスはアンドロメダ姫を助けました。
ペルセウスは、青銅の刀と冑、魔法の袋をヘルメスに、鏡の盾とメデューサの首を女神アテナに贈りました。
そして、アンドロメダ姫と結婚し、母ダナエも連れて故郷のアルゴスに帰ります。
アルゴスに向かう途中、ペルセウスはあるまちの円盤投げの試合に出場しました。
ペルセウスの投げた円盤は、観客の中の一人の老人にあたってしまい、老人は死んでしまいました。
実はこの老人はダナエの父で、ダナエと赤ちゃんだったペルセウスを海に流したアクリシオス王だったのです。
その後、ペルセウスは祖父の死を悲しみ、アンドロメダ姫と共に、アルゴスを去り、
ミュケナイとティリュンスの王として、生涯を終えます。
ペルセウスとアンドロメダの子孫には、ペルシャの始祖と伝えられるペルセスや英雄ヘルクルスがいます。
秋の空のくじら座は、怪物ティアマトが星座になったといわれています。

カシオペヤ座とアンドロメダ座(ケフェウス座、くじら座)検索

このお話に出てくる星座は秋の空に見えます。カシオペヤ座の隣にはケフェウス座があり、
さらにペルセウス座、アンドロメダ座が近くにあります。
アンドロメダ姫を襲った怪物とされる、くじら座もあります。
ケフェウス座とカシオペヤ座は、古代エチオピアの国王と王妃を形どったとされています。
秋の北の空高く、ローマ字のMの形に見えるのがカシオペヤ座です。
地平線に沈むことなく、北極星の周りを回るので、別の季節にはWの形にも見えます。
ケフェウス座は細長い五角形の形をしていますがあまり目立ちません。
アンドロメダ座は、α星がペガスス座の「秋の四辺形」の一つになっている星座です。
暗い星が多く見つけにくいのですが、肉眼でも見える「アンドロメダ銀河」があることで知られています。
ペルセウス座は、ギリシャ神話でアンドロメダ姫を助けた英雄の星座です。hとχという二重星団があります。
くじら座は、天の赤道付近に位置する大きな星座です。
明るい星は少ないですが、2〜10等級まで変光する、長周期変光星ミラがあります。

〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661