こと座(アルファ星はベガ)の星座物語
 悲しい竪琴
星座物語トップへ戻る 

   
こと座は伝令の神ヘルメスがカメの甲羅から作った、7弦の竪琴とされています。
琴を気に入った太陽神アポロンが、牛と引き換えに譲り受け、息子のオルフェウスに授けました。
オルフェウスは琴の名手になり、美しい妻のエウリュディケと仲良く暮らしていました。
ある時エウリュディケが毒蛇にかまれ死んでしまいます。オルフェウスは深い悲しんで、
死者の国に行き、使者の国の王ハデスに妻を返してくれるよう頼みました。
熱心に願うオルフェウスの姿に、ハデスは願いを聞き入れましたが、
エウリュディケを地上につれて帰る途中、「後ろを振り向いてはいけない」という条件をつけました。
しかし、帰り道どうしても妻が気になり、後ろを振り返ってしまいます。
あっという間に、妻は死者の国に引き戻されてしまいました。
その後はどんなに頼んでも聞き入れてもらえませんでした。
オルフェウスはその後、祭りで酒に酔った女神たちに殺されてしまします。
大神ゼウスは哀れに思い、その竪琴を拾って星座にしたと伝えられています。

   こと座探索


こと座の主星ベガは七夕の織女星として知られています。
ベガは夏の宵の頭上近くにひときわ明るく輝いているので、すぐに見つかります。
7月中旬の午後8頃には、東の空の高度60度ぐらいの所にあります。
自分が見ている星がベガかどうかを明るい星の位置から確かめてみましょう。
ベガから右下に約35度のところには、やや黄色っぴ1等星が輝く。
七夕の牽牛星、わし座のアルタイルです。
ベガの左下役20度のところには白い1等星、はくちょう座のデネブが見えます。
この3星が作る三角形を「夏の第三角形」とよんでいます。
第三角形の間を縫って、左から右に地平線とほぼ平行に天の川が流れています。
こと座は比較的小さく、腕をいっぱいに伸ばして持った名刺に隠れてしまうほどです。
ベガからアルタイルの方向へ約10度のところには、2個の3等星が見えます。
上方はベータ星、下方がガンマ星で、これらの2星とベガを結ぶと裏返しのL字型になる
。こと座の名は、このLを古代のハープに見立てたものである。
しかし、星図には、U字型のリラが描かれています。
ベガの名はアラビア語の「降下する鷲」に由来します。
それはベガとそのそばにある4等星2個が小さな三角形を作っている形からつけられた。
わし座アルタイルは、アラビア語の「飛ぶ鷲」を意味してます。
それはアルタイルと両側に並ぶ2個の3〜4等星の形から見立てたものであります。

〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661