いて座(南斗六星、さそり座)の
星座物語

   ケンタウロスがさそりに向けて矢を引く星座 
星座物語トップへ戻る 

ギリシャ北部のテッサリアの山地にはケンタロウロスと
呼ばれる一族は住んでいました。
ケンタウロス族は半人半馬の姿をしていました。
彼らは山野を走り回り粗野で乱暴なふるまいが多かった
部族でした。しかしケイロンは例外でした。礼儀正しく、賢明で、
音楽や医術に秀でて、狩の名人でもあったのです。
ケイロンは太陽と音楽の神アポロンと月と狩の女神アルテミスから
これらの才能を授けられたと言われる。ケイロンが洞穴に住み、
薬草を栽培して多くの病人を助けていました。
また母親を失った子を預かって育てていました。
その中にはアルゴ船遠征隊を指揮したヤーソンや、
ギリシャ一の名医となったアスクレピウス、
トロイ戦争の勇将アキレウスなどの有名な人物がいます。
アスクレピウスはアポロンの子として生まれました。
母はテッサリアの王女コロニス。
アポロンはコロニスを心から愛していましたが、
彼女には他の恋人がいたと、使い鳥の烏(からす座)からこのこと
を聞いたアポロンは怒りに震え、弓を取りました。
そして天上からコロニスめがけて矢を放ってしまいます。
コロニスは自らの罪を認め息を引き取り、そして彼女は最後に
アポロンの子を宿していることを告げました。
アポロンはすぐに自分の仕打ちを悔やみ、
彼女の亡骸から胎児を取り出しました。
そしてケイロンの下へ運び、
子供を救ってくれるように頼んだのです。
ケイロンの医術は功を奏して、その子は一命を取り留めました。
これが後にアスクレピウスに成長していきます。
後にケンタウロス族の多くは、英雄ヘルクレスが誤って射た毒矢で
次々倒れることになります。ケイロンもこの矢を受けた一人です。
大神ゼウスがその死を惜しみ、
弓をつがえた射手の姿で星座に加えました。
古代テッサリアの人々は乗馬と狩猟に優れていたことから、
このような神話が生まれたと言われています。
ケンタウロス族はもうひとつの星座になっていまする。
初夏の宵の南の地平線上に見えるケンタウルス座です。
ギリシャ語ではケンタウロスですが、
星座名はラテン語読みで表すのでケンタウルスとなります。
ケンタウルス座のケンタウロスは槍を持ち、
左隣の狼(おおかみ座)をついている姿がみえます。

いて座の検索

いて座は夏から秋にかけて宵の南の地平線上に見える
大きな星座です。しかし、際立って明るい星が無いので、
見付けにくいかもしれませんので、
西隣のさそり座からたどっていくと分かりやすいでしょう。
南に向かって立つと南南西よりの高度約40度のところに赤い星が
明るく輝いています。これがさそり座の1等星アンタレスです。
アンタレスから左下に伸びる星の列がさそり座の中心で、「S」の字を描いています。
Sの字の左端には2個の2等星が並んでいます。
これが蠍の尾にあたり、このあたりが射手座との境界になります。
さそり座の尾の左上には多数の星が散らばっています。
それらの星をじっくり見ていると、6個の星が北斗七星に似た形を作っていることがわかります。
この星の並びは「南斗六星」と呼ばれています。
「斗」とは柄のついた四角い入れ物(升)で、南斗六星の升は口を下に向けた形になっています。
南斗六星の柄の真ん中の星(ラムダ星)からは、
「y」の字を逆さにした形に星が下(南)続いています。
南斗六星とこの星の列が、矢を持った射手の右手と、
矢をつがえた大弓、それを持った左手にあたります。
その矢はさそり座のアンタレスを狙っています。升の上方に伸びる星が射手の顔にあたります。
明るい星が無いので、その形をたどるのは難しいでしょう。
升の下方に続く星が馬の姿の下半身にあたります。

〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661