ヤギ座の星座物語  
    悲しい葦の笛
星座物語トップへ戻る 


古代ギリシアの人々は実にさまざまな動物を想像しました。
山野には「サテュロス」といって、やぎの手足と角を持った
髭だらけの動物が棲んでいると考えていました。
その仲間に牧神パーンが含まれていました。
パーンは昼寝が大好きで、騒がしい物音などで安眠が
乱されるのをひどく嫌っていました。
彼は何かに驚くと、どうしていいか分からなくなり、
自分を抑えることが出来なくなることが多かったのです。
このことから「パニック」と言う言葉が生まれたといわれています。
ある時パーンは、山を降りてきたニンフ(妖精)、
シュリンクスにばったり出会いました。
彼女は狩の女神アルテミスの従者です。その可愛い姿に、
パーンは一目ぼれしてしまいました。
しかし粗野なパーンの姿を見たシュリンクスはビックリして逃げ出しました。
森に住むニンフの足は思ったより速い。
やぎの足で走るパーンもなかなか追いつけないほどです。
2人は追いつ追われつして、とうとう川の堤みまで来ました。
追い詰められたシュリンクスが父の川の神に救いを求めました。
パーンはついにシュリンクスの腕を捕らえたと思いましたが、
彼の手には川辺の葦があるだけでした。
辺りを見回してもシュリンクスの姿は消えていました。
パーンがしばらく呆然としていて、やがて思いついて、葦の茎を切り、
何本か合わせて笛を作りました。
この笛にシュリンクスの名をつけ、パーンは心を込めて吹いた。
この葦笛は今日では「パーンの笛(パンズ・フルート)」と呼ばれる。
葦の茎を長短さまざまの管に切って、音程の順に並べた物で、
パイプオルガンの原型とも言われています。
パーンはこの笛をいつも持って歩き、美しい調べを奏でていました。
神々の集まりがナイル川のほとりであった時、パーンはいつものように
葦笛を吹いていました。
そこへ百の頭を振り上げる怪物テュフォンが現れたのです。
そのすさまじいほえ声に驚いた神々は、それぞれ動物に姿を変えて逃げました。
パニックに陥ったパーンは、そのままの姿で川の浅瀬に飛び込みました。
そのため、水に浸った部分は魚の姿に変わったが、
水から出ていたところは元の姿のままででした。
その姿を大神ゼウスは星座にしたと伝えられています。

やぎ座の検索

やぎ座はいて座の東(左)にあります。
3等星以下の暗い星からなるさびしい星座であるが、
黄道上に位置するので、古くから注目されてきました。
その面積はかなり広く、探すのがなかなか難しいので、
他の星座からやぎ座を探すことにしましょう。

頭上を仰ぐと、天の川を挟んで、七夕の夫婦星である、
こと座のベガとわし座のアルタイルが輝いています。
天の川の東(左)岸に位置するアルタイルは、左右にそれぞれ1個ずつ、
3〜4等星の星を伴っています。
これらの星は一直線に並んでいます。
この線を地平線方向(左下)5倍ほど延長すると4等星にいたります。
これが、やぎ座のセータ星です。
セータ星から左へ10度ほどのところには3等星のデルタ星がある。
セータ星を挟んで、デルタ星と対照の位置には4等と3等の星が並んでいます。
上がアルファ星で、下がベータ星です。やぎ座で最も明るいのはアルファ星ではなく、
ベータ星のほうです。
デルタ星とベータ星からは、セータ星の真下に向かって暗い星の列が流れてきて、
4等のオメガ星で合流します。
これらの星は樹立した二等辺三角形を形作っています。
ベガとアルタイルを結ぶ線をアルタイルからほぼ同じ距離だけ南東に伸ばすと、
この二等辺三角形の中央部に達します。やぎ座の二等辺三角形から上半身がやぎ、
下半身が魚の姿を想像するのは容易ではありません。
アルファ星とベータ星がやぎの角にあたり、
デルタ星が魚の尾に位置しています。

 
〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661