オリオン座の星座物語  
  うぬぼれオリオンとサソリ
星座物語トップへ戻る 


オリオン座は全天で最も美しい星座だといえます。その名はギリシア神話の狩人オリオンに由来している。
オリオンは海神ポセイドンと女神エウリュアレの子として生まれ、
たぐいまれな美しさを備えてたくましい若者に成長しました。
航海にすぐれていた古代ギリシアの人々は荒れ狂う冬の海上に輝くオリオンの星々をみて、
改心の子を想像したのでしょう。オリオンは父から水の上を歩く力をあたえられていました。
そこで海をこえてギリシア本土と島々の間を自由に渡り歩きました。
やがてクレタ島で、オリオンは月の女神アルテミスに恋をしました。
アルテミスは狩の女神でもあります。2人は一緒に狩を楽しんですごしました。
しかしあるとき、オリオンは自分の腕前を自慢するあまり、
地上のあらゆる生物を射止めてやると言い放ってしまいました。
これを聞いた大地の女神は怒り、一匹の大サソリを送ったのです。
その猛毒の為にさすがのオリオンも命を落としたと言います。
これはオリオン座とさそり座が天球上の反対方向にあり、
同時に見えないことから考えられた物語だと言われています。
さそり座が西の地平線に沈んでから、オリオン座は東の地平線を昇ってくる。
そして、さそり座が東の地平線に現れる前に、オリオン座は西の地平線に隠れ、
サソリを恐れているように見えるからです。オリオンの最後については、色々な説があります。
オリオンは美男子ではあったが粗野だった為、アルテミスは彼を嫌っていた。
それでもオリオンは女神の関心をかおうとしたので、アルテミスは密かにサソリを送って殺させたとも言われています。
星になったオリオンは見事に射止めた大ライオン(獅子)の毛皮を掲げ、雄々しい姿を見せていいます。
そのまわりには、彼にまつわる神話の動物たちが星となって輝く。東のおおいぬ座とこいぬ座はオリオンに従う猟犬です。
彼の足元には獲物のうさぎ座がはね、前方(西)を小鳥たち(プレアデス星団)が逃げていく。

オリオン座の検索

オリオン座には、1等星が2個、2等星が5個と、際立って明るい星が集まっています。
これほど大粒の星からなる星座は他には無く「星座の王」といわれています。
オリオン座は冬が見ごろです。元旦の午後9時ごろに南東の方向に向かい、空高く仰いで見ましょう。
地平線から高さ40〜60度辺りにオリオン座が見えます。
明るい星が縦長に四角形を作り、その中に三つの星が斜め左下がりに並んでいる。
この四角形はずいぶんと大きく見えますが、腕をいっぱい伸ばしてみると、ちょうど葉書ぐらいの大きさがあります。
2個の1等星は四角形の左上の角と右下の角に輝いています。左上の星はベテルギウス、右下の星はリゲルと名づけられています。
一つの星座の中の星は、普通明るい星から順にギリシア語のアルファベットでアルファ星、ベータ星、ガンマ星と呼ばれます。
しかしオリオン座のアルファ星ベテルギウス、ベータ星はリゲルで、明るい星にはこのような固有名がつけられています。
四角形の中の三つの星は「オリオンの三ツ星」といわれ、オリオンが腰に締めたベルトにあたります。
この三ツ星を挟んで、ベテルギウスのオレンジ色とリゲルの青白色の光が対照的な美しさを見せています。
〒407-0302
山梨県北杜市高根町浅川267-25
清里エストレリータ(小さな星)
TEL 0551-48-3661