鮎(sweet fish)



 スーパーで鮎を見つけて焼いてみました。養殖ものです。天然ものも食べてみたいですが、今のところ、入手ルートがありません。知り合いに鮎釣るひとでもいればいいんですけどね。
 ウチの実家は昔、料亭だったのですが、まだ高校生のころの話なので、身に付いている技術とかは全然無いんです。見て憶えてるのは、鮎の踊り串をW字に打っていたこと。俺がやるとうまくいきません。鮎が小さいのかなぁ・・・
 
 串を打っったら、ヒレのコゲを防ぐ化粧塩をして、全体にも塩をふります。

 遠火の強火で表の面(鮎の左側)から焼いていきます。平串を使っても、背中側が重いので回ってしまうので、串と身の間に金串を一本入れて回り止めとします。
 焚き火の回りに串を立てて、じわじわ焼く方法もいつかやってみたいものです。その時は釣りたての天然もので♪

 焼いた鮎につける「蓼酢」は、肝心な「蓼」が用意できなかったので、刻んだ青紫蘇と生姜を入れた酢を使いました。
 食べるとき、鮎の身を箸で押さえてほぐして、するりとホネを取る技術が祖母にはありました。俺がやろうとしたらしっぽがとれました(笑)

 何かと禍根が残る昨夜の鮎なのでした。でも、季節のサカナを焼いて食べるのは楽しいですね♪



BACK