はまぐり(蛤・Clam)



 スーパーで大きめなはまぐりを売っていたので、さっそく焼いてみます♪
とはいっても、少々の下ごしらえが必要なんです。あさりとか他の二枚貝同様に、まずは砂をはかせます。3%程度の食塩水で許される範囲の時間でしておけば良いでしょう。暗いところで一晩おけば完璧なんですけどね。

 はまぐりをそのまま焼くと汁が全部こぼれてしまいます。焼いて貝が開いた時に、火のあたっていない上側の貝殻に身がついて行くからです。それを防ぐために、焼く前に蝶番(ちょうつがい)の脇にある黒いところを切り落としておきます。丈夫なナイフか出刃を使うと良いでしょう。こうしておくと、焼いても貝殻は開きません。

 話が前後しますが、開かない状態で焼く以上、鮮度確認は大切です。貝殻をだらしなく半開きにしてるものや、ふたつのはまぐりを両手に持ち、打ち合わせてカチカチと澄んだ音がしないものは要注意です。

 写真のはまぐりは口が下がった状態ですが、何か挟んで水平に保つとおいしい汁の損失を防ぐことができます。

 貝殻の上の塩は、味付けのためでも化粧塩でもありません。蝶番を切って、焼いても開かない状態なので、湿らせた塩を乗せて焼け具合を計っているのです。しかし、塩の湿らせ具合にもよるので、かなりアバウトです。固まればOK。微妙なところは経験に頼るしかないのですが、そんなに「はまぐり」ばかり焼いてるわけにもいきません(^^x;;;


BACK