常設展示室 [釈迦堂の地形と遺跡] [現代の顔・縄文の顔] [釈迦堂の土偶] [釈迦堂ムラの生活] [釈迦堂の土器・土製品]

釈迦堂ムラの生活
釈迦堂ムラでは、約2500年前に255軒の縄文住居がありました。
縄文時代は狩猟採集の時代であり、自然に即した生活を送っていました。
春から夏にかけては植物の芽や茎、秋には木の実や根茎の採取を、冬に
は狩猟を主な生業としていました。

縄文人は土、石、骨、魚、貝などを使って、優れた道具を作ってきました。
食物を煮る土器、狩猟具の弓矢、土掘り具の打製石斧、伐採加工具の磨製
石斧などがあります。これらの道具には縄文人の知恵と技術が結集されて
います。


道具を作る家族の様子
道 具 の 復 元

ホームへ