line-top-win
ste

会長より一言
縦断だけが目的ではない。冒険だけが旅じゃない。 
 スロートラベ ルを楽しもう。楽しく歩こうよ。!! 
 というわけで、やりたいことは山ほどありますが、具体的ア クションはただいま検討中です。  シェルパ斉藤

ss150

日縦連とは

シェルパ斉藤が主催する団体のようなモノです。集会や規則はありませんが、ガイドブックは買ってください?。皆さんの日頃の活動が日本の旅を豊かにします。旅先での人から人への情報交換を主体としますが、掲示板が活用されることも望みます。新しい自分だけの旅を探してください。

活動

●いつまでも旅人でいよう

●旅人を応援しよう



●快適な旅環境をつくろう

できれば人力で 旅をする。行きあたりばっ旅をする。
心のゆとりをもった旅をする。
旅人を応援し、バックアップする。 ヒッチハイク者を車に乗せる。旅人の宿を提供する。
ロングトレイルの提案、整備 。歩く旅人の快適環境づくり。犬連れ旅の環境づくり。

オフィシャルショップ

人力移動旅人を応援するショップです。登録いただいたショップには、人力移動旅人への特典を義務づけます。ただし、気に入らない旅人には拒否権が行使できます。

最南端トレイル

「最南端トレイル」地図情報 (人力日本縦断者応援します) 「最南端トレイル」とは、日本縦断連盟発足当初の獲得目標である「佐多岬を歩く旅人に開放せよ」の一つの回答である。
  シェルパ斉藤が耕うん機テラの旅の途中で、佐多町長や地元住民の方々との調整の上、最小限に整備し、認知された海岸ルートのトレイルである。今までは、岬への一本道である佐多岬ロードパークは民間企業が所有し、有料自動車専用道路となっているため、路線バスに乗るかヒッチハイクという手段に限られていた。したがって、北海道の宗谷岬からはるばるやってくるサイクリストやバックパッカーなどの人力移動者にとって、最後の砦であったが、このトレイルによって、本土最南端の佐多岬に、自分の足でたどり着ける唯一のルートが整備されたのである。

名誉会員

ご本人がお忘れでなければ、市毛良枝様、山村レイコ様です。BE-PAL2001年111月号にコメントが掲載されています。

会員

自分で決めて結構です
(正式には日縦連ステッカーを持っている人…斉藤に認められること??)  

会員からの報告

会長から
連盟の会員から嬉しい初ツーリングの報告がありました。初心を忘れないように、掲載を承諾しました。どんどん旅をしようぜ。(これからもよいものは掲載する覚悟です。楽しい 報告お待ちしています…管理者)

■霧ヶ峰高原ツーリング 成田春喜
■霧ヶ峰きまぐれ道中  小林正人

オフィシャルブック

とりあえずガイドブックをご覧あれ。「宿泊情報……路肩」とあるガイドブックは世界初なのでは?
「日本縦断オフィシャルガイド」
「耕うん機オンザロード」
「時速8キロニッポン縦断

シェルパ斉藤の    つぶやき
インフォメーション
プロフィール
ヒストリー
著作リスト
ts100
チーム シェルパ ウェブサイトに
↑ページトップ
line-under-win1
シェルパ斉藤の
   つぶやき インフォメーション プロフィール ヒストリー 著作リスト ↑ページトップ