豊玉園果樹栽培履歴(平成30年防除日誌
リストマーク平成29年防除日誌(参考)   

豊玉園では、安全・安心でフレッシュな美味しい果物を消費者の皆様に提供する為、果樹栽培履歴を2003年からHPと店頭に掲示して開示しています。防除は農薬取締法による適正使用と使用基準(農薬の種類、濃度、収穫前防除日程等の散布方法)を遵守してJAやまなし全農編(協力:山梨県植物防疫協会:山梨県果樹園芸会)の平成30年度果樹病害虫防除歴に基づき防除計画を建てました。なお、天候状況や果樹の生長度合いを見極めながら、早期防除(予防)と減農薬に務めます。(山梨県農薬適正指導アドバイザー認定 第16-8号取得 平成17年2月21日 三浦光宏) 

下記表は防除予定です。防除を実施した場合、変更した場合などは実際をその都度記入します。

殺虫剤 殺菌剤 植物ホルモン剤・自然 農薬

ピオーネ、巨峰、藤稔、ハニーブラック、ブラックビート、ゴールドフィンガー、゙等(甲斐路を除く) 50a

防 除 時期 発 生 病 害 虫  農  薬 名  倍 率 散 布 量  適 用・参 考
 2月27日 ブドウトラカミキリ  トラサイドA乳剤  200倍 200L 散布 休眠期 若木のみ 
4月 8日 黒とう病 つる割病  晩腐病 ベンレート水和剤  200倍 1000L 手散布(発芽初期)
サビダニ類 カイガラ虫 石灰硫黄合剤    20倍
4月19日 ベト病 黒とう病 つる割れ病  ドーシャスフロアブル  2000倍 800L 散布(展葉5~6枚)
チャノキイアザミウマ フタテンヒメヨコバイ スカウトフロアブル  3000倍
4月25日 ベト病 黒とう病 晩腐病 オーソサイド水和剤80 800倍 700L 散布(展葉9~10枚) 
例年より1週間進んでいる。
クワコナカイガラムシ チャノキイロアザミウマ モスピラン顆粒水溶剤  2000倍
 5月 6日 ベト病 黒とう病 晩腐病  オーソサイド水和剤80 800倍 700L 散布(開花直前)
灰色カビ病 サビ、ウドンコ病 掲班病  フルーツセイバー  1500倍
5月14日 カイガラムシ、アブラムシ、クワコナカイガラムシ  アップロードフロアブル  2000倍  500L  開花直前 追加 
着粒増加   フラスター(ホルモン剤)  1000倍
5月20日
  5月21日
5月20日
種なし処理(第1回)
 (植物栄養成長ホルモン処理) 
ジベレリン    巨 峰  25.0ppm (房作後、満開時侵房) 
樹木により差がある。
 
アキクイーン  
シャインマスカット
5月21日
5月21日
5月21日
種なし処理(第1回)
 (植物栄養成長ホルモン処理)  
ジベレリン    シナノスマイル   25.0ppm (房作後、満開時侵房)
   
フジミノリ 
ブラックビート 
5月20日
5月26日
種なし処理(第1回)
 (植物栄養成長ホルモン処理)
ジベレリン   ピオーネ 12.5ppm (房作後、満開時侵房) 
カッタクルガン 
5月25日 ベト病 灰色カビ病  晩腐病 ジマンダイセン水和剤  1000倍 700L 散布(落花直後)
クワコナカイガラ チャノキイロアザミウマ  コルト顆粒水和剤  3000倍
6月 1日  ベ゙ト病 黒とう病  うどんこ病  ジマンダイセン水和剤   1000倍  700L 散布(小豆大)  
トリハ類   ティ゙アナWDG  10000倍
6月 2日 種なし処理(第2回)   ジベレリン   巨 峰 25.0ppm 浸房(満開7日~10後) 
6月 1日
6月 1日
種なし処理(第2回)     ジベレリン      シナノスマイル  25.0ppm 浸房(満開7~10日後)    
ブラックビート
6月 1日 種なし処理(第2回)  ジベレリン   フジミノリ 25.0ppm 浸房(満開7日~10後) 
6月 2日
6月 2日
6月 2日
種なし処理(第2回) ジベレリン  ピオーネ  25.0ppm 浸房(満開7~10日後) 
果粒肥大 (第2回)   ジベレリン     カッタクルガン    25.0ppm 浸房(満開10日後) 
サニィードルチェ 
6月13日 果粒肥大(1回のみ)   ジベレリン      ロザリオビアンコ  25.0ppm 浸房(満開15日前後)
小豆大 
6月 9日 果粒肥大(1回のみ)    ジベレリン       チェリィー   30.0ppm
6月14日 ベト病 灰色カビ病  晩腐病  フルーツセーバー   1500倍 200L ブラックビート錆び病発生
ゴールドフィンガー追加散布
ブドウサビダニ、チャノキイロアザ6月 2日ミウマ  アドマイヤーフロアブル 4000倍
 6月15日 錆び病、ベト病 灰色カビ病  晩腐病  ICボルドー66D   40倍 700L 棚上散布(傘掛後) 
ブドウサビダニ、チャノキイロアザ6月 2日ミウマ コロマイト水和剤    
7月 7日  ベト病 灰色カビ病  晩腐病  ICボルドー66D  40倍 700L 棚上散布 (着色始め)
例年より1週間早い
チャノキイロアザミウマ  クワコナカイガラムシ モスピラン顆粒水溶剤  2000倍
7月23日 ベト病 サビ病 白紋羽病 ICボルドー66D 40倍 500L 棚上散布、巨峰、ブラックビート(収穫前終了)
チャノキイロアザミウマ フタテンヒメヨコバイ ディアナWDG 10000倍
8月10日 ベト病 灰色カビ病  晩腐病   フルーツセーバー    1500倍  100L 散布(青・ピンク系) 
綿虫 クワコナカイガラムシ      アップロードフロアブル   1000倍、
8月22日 ベト病 灰色カビ病  晩腐病   ICボルドー66D 40倍  200L 棚上散布(シナノスマイル) 
(収穫前終了)
綿虫 クワコナカイガラムシ    ディアナWDG  10000倍
 9月上旬 ベト病 サビ病 晩腐病  ICボルドー66D 40倍 700L 巨峰 ピオーネ 収穫終了後
サビ病予防 
ブドウサビダニ、チャノキイロアザミウマ  スミチオン水和剤  2000倍

甲斐路 20a  シャインマスカット10a  ロザリアビアンコ 3a   サニードルチェ 1a

防 除 時 期  発 生 病 害 虫  農  薬 名  倍 率 散布 量  適 用・参 考
2月27日 ブドウトラカミキリ  トラサイドA乳剤   200倍 300L 休眠期 若木のみ
3月31日 黒とう病 つる割病 晩腐病  デランフロアブル 200倍 300L 休眠期 
 4月 8日 サビダニ類 カイガラ虫 石灰硫黄合剤    20倍  500L 手散布(発芽初期)
4月19日 ベト病 黒とう病 晩腐病 ドーシャスフロアブル 2000倍 300L 散布(展葉5~6枚) 
4月25日 ベト病 黒とう病 晩腐病 ツルワレ病 オーソサイド水和剤80 800倍  300L 散布(展葉10枚)
例年より1週間進んでいる。
クワコナカイガラムシ アブラムシ類 モスピラン顆粒水溶剤  2000倍
5月12日 ベト病 黒とう病 晩腐病  フルーツセイバー  1500倍  300L 散布(開花前) 
灰色カビ病  オーソサイド水和剤    800倍
5月15日 着粒増加   フラスター(ホルモン剤)   2000倍 300L 散布(開花直前)追加  
クワコナカイガラムシ  アブラムシ類 アザミウマ アップロードフロアブル    1000倍
5月25日 ベト病 黒とう病 ジマンダイセン水和剤  1000倍  500L  (落下直後)
ハマキムシ類 トリバ類 クビアカスシバ スイッチ顆粒水和剤  2000倍
 6月12日 ベト病 サビ病 白紋羽病  ICボルドー66D   40倍   300L 甲斐路、シャインマスカット、ロザリアビアンコ 追加散布
メンチュウ アップロードフロアブル 1000倍
6月15日 灰色カビ病 ベト病 黒とう病  ジマンダイセン水和剤 1000倍  500L 散布(小豆大)
チャノキイロアザミウマ ハダニ類 ブドウサビダニ  スイッチ顆粒水和剤  2000倍
6月26日 ベト病 サビ病 白紋羽病 ICボルドー66D   40倍  400L 棚上散布(傘掛直後)
チャノキイロアザミウマ  モスピラン顆粒水和剤  2000倍
7月13日 ベト病 サビ病 白紋羽病  フルーツセイバー 1000倍 400L 散布 
メンチュウ アップロードフロアブル  1000倍
7月23日 ベト病 サビ病 白紋羽病   ICボルドー66D    40倍  400L 棚上散布 
チャノキイロアザミウマ クビアカスカシノバ  アドマイヤー水和剤  2000倍
 8月10日 ベト病 サビ病 白紋羽病  フルーツセイバー   1500倍 400L 散布
綿虫  アップロードフロアブル   1000倍
8月16日 灰色カビ病 サビ病 黒糖病 褐班病  ICボルドー66D 40倍  400L 棚上散布   
チャノキイロアザミウマ ディアナWDG   10000倍
8月22日 ベト病 サビ病 白紋羽病  ICボルドー66D  40倍  400L 棚上散布 
ブドウトラカミキリ産卵期、幼虫期 ディアナWGD 10000倍
8月29日 ベト病 サビ病 白紋羽病  フルーツセイバー  1500倍 400L 綿虫対策追加散布
(収穫前防除終了)
綿虫 アップロードフロアブル   1000倍
11月初旬 ベト病 サビ病 白紋羽病  I Cボルドー66D  40倍  400L 棚上散布 
収穫後
綿虫 クワコナカイガラムシ、トラカミキリ  スミチオン水和剤40  1000倍

桃 みさか白鳳等早生種/中生種 20a

防 除 時 期 発 生 病 害 虫  農  薬 名  倍 率 散布 量  適 用・参 考
2月23日 縮葉病 黒星病 灰星病 チオノックフロアブル 500倍 500L 手散布 
スプレーオイルを先に溶く。
ナシマルカイガラムシ  スプレーオイル 50倍
3月24日 アブラムシ ハマキムシ モモハモグリガ アディオン乳剤 3000倍 500L 手散布(開花直前)
 4月10日 黒星病 灰星病 うどんこ病 ベルクート水和剤 1000倍 500L 手散布(落花期)
アブラムシ モモハモグリガ カイガラムシ モスピラン水溶剤 2000倍
 4月19日 黒星病 灰星病 ホモプシス腐敗病 フルーツセイバー 1500倍 500L 手散布(ガク割後)
カイガラムシ類 アブラムシ類  アプロードフロアブル 1000倍
 4月27日 黒星病 灰星病 うどんこ病 オーシャンフロアブル 2000倍 500L 手散布(幼果期)
アブラムシ散見
例年より1週間進んでいる。
モモハモグリカ シンクイムシ アブラムシ カイガラムシ カスケード乳剤 3000倍
5月 5日  黒星病 灰星病  オーシャインフロアブル 2000倍  500L  散布(袋掛前) 
モモハモグリカ シンクイムシ、アブラムシ類 ダーズバンDF 3000倍
 5月19日 黒星病 灰星病 ホモプシス腐敗病 フルーツセイバー   1500倍  500L 追加散布 ピンポン球大
摘果最終調整 5月17日
アブラムシ ハマキムシ モモハモグリガ   アディオン乳剤 3000倍
 6月 2日 黒星病 灰星病 ホモプシス腐敗病 フルーツセイバー 1500倍 500L 散布(草生栽培除草)
早生種テニスボール大
モモハモグリカ シンクイムシ アブラムシ サムコルフロアブル10 5000倍
6月16日 黒星病 灰星病 ホモフシス アミスター10 2000倍  500L 手散布(着色始め)
収穫前防除終了 
モモハモグリカ シンクイムシ、アブラムシ類 アーデントフロアブル 2000倍
8月22日 モモハモグリカ ミカンキイロアザミウマ  スプラサイド水和剤 1500倍 500L 散布(収穫後防除) 

施肥の実施
施肥の記録(元肥) 施肥期間 平成29年11月12日~11月20日 肥料配置・施肥・耕運 延べ10日

<施肥については土壌改良材(有機笛吹バラ)をベースとして有機質肥料を中心に施肥>
<施肥方法 地表面に全面散布した後、トラクターにて耕運 
植木剪定枝・枯れ草等はバックホーで地下1.5m・の大きな(たこ穴)を掘り施肥> 
尚剪定枝は穴を掘り、全部埋め戻しました。本年は土壌分析結果を参考に、硫マグ スイマグを加える。


<ピオーネ、巨峰、藤稔 、ハニーブラック、 ゴールドフィンガー、 レディフィンガー、 レッドグローフ、等 40a>

<全面散布> 有機バラ(3.0t) 菜種粕(20kg)×3袋 大豆粕(20kg)×3袋
魚粉(20kg)×3袋   
<たこ穴> 植木剪定枝・枯れ草・落ち葉等有機質 150kg 

<甲斐路 40a>

<全面散布> 笛吹有機バラ(2.0t) 菜種粕(20kg)×3袋 大豆粕(20kg)×3袋
魚粉(20kg)×3袋 サンライム(20kg)×1袋 スイマク(゙20kg)×1袋  
<たこ穴>
<1mの深い溝>
植木剪定枝・枯れ草・落ち葉等有機質 100kg 

<シャインマスカット 10a>

<全面散布> 笛吹有機バラ(1.0t) 菜種粕(20kg)×3袋 大豆粕(20kg)×3袋
魚粉(20)kg×2袋
 <たこ穴>  植木剪定枝・枯れ草
落ち葉等有機質 100kg
   

<桃 みさか白鳳等早生種/中生種 20a> <各樹木の周囲を穴掘り、表面散布・耕運>
                             期間 平成29年11月12日~11月16日 延べ4日

<全面散布> 有機笛吹バラ(2.0t) 鶏糞(15kg)×100袋     苦土(20kg)×2袋

剪定作業の記録(桃7日)  期間平成2 29年12月15日~12月21日   述べ5日
剪定作業の記録(葡萄)    期間平成29年12月 1日~12月14日   述べ14日

 <剪定・剪定枝の片付け>  葡萄枝は全てたこ穴、溝、大きな穴を掘り畑に埋め戻し、桃枝は焼却


巨峰葡萄棚直し(支線、支柱、ワイヤー、小張の張り直し)

 3月16日~19日 延べ4日間 延べ15人 外注 人件費23万円 資材費18万円

ブラックビート、ゴールドフィンガー葡萄棚直し 

 杭交換 支線、針金を詰め棚を平らにする。  延べ1日 自家労働 1人


葡萄の選定作業

<剪定> (雇い人)延べ12人   (自己労働) 延8日 延8 人
<剪定枝の片付け  >
<葡萄枝は畑に埋め込み>
バックホーおよび手作業で集枝  (自家労働) 延 6日 延6人 

葡萄粗皮剥ぎ作業の記録(果樹粗皮剥ぎ機使用)(物理的減農薬の実践)合計50a  (本年は日程上休みとする。) 

(越冬する病害虫の住む環境を打破します。農薬防除が科学的防除なら、この作業は物理的防除であり農薬の薬効も増します。

甲斐路カッタクルガン、マニキュアフィンガーレッドグローブ 水500L×).0時間)  (自己労働) 延日延人 
 延べ時間

  
(全品種丁寧に実行)
巨峰 ピオーネ ハニーブラック、ブラックビート 藤藤シナノスマイルアキクイーン 水500L×(500L)
シャインマスカット、ロザリオビアンコ、チェリーサニードルチェマスカットビオレ 水500L×(500L)

葡萄剪定作業後の誘引作業の記録(種枝調整も兼ねる) 平成30年 3月27日~ 4月6日 自家労働延べ7人

葡 萄 全 般(種枝数調整も兼ねる) (マックステープナーで固定) (自家労働)延日 延 人  

傘掛と傘の種類

巨峰・ピオーネ・ハニーブラック
藤稔・アキクイーン
シナノスマイル
ブラックビート・チェリー
白ビニール ネヘレスコール  ピッテロビアンコ レッドグローブ 透明ビニール+クラフト(紙)
甲斐路・早生甲斐路・赤嶺  クラフト(紙)色付く時期に透明ビニールに掛替る 瀬戸ジャイアンツ・ カッタクルガン ロザリオビアンコ・ ゴルビィー バラディ マスカットビオレ  白ビニール+クラフト(紙)
ゴールトフィンガー ・サニードルチェ
マニキュワフィンガー
白クラフト(和紙) 又は白ビニール+クラフト(紙)  シャインマスカット 白クラフト(和紙)蒼油紙 

葡萄芽欠き、蔓縛りの記録

葡 萄 全 般 4月24日~4月27日 延べ5日  内 自家労働 延べ8人  雇人延べ0人 

房作り・傘掛・ジベレリン処理作業の記録   

葡 萄 房作り 5月11日~5月21日 延べ日 人  内 自家労働 延べ人  雇人延べ人 


葡 萄 摘粒 5月日 日 延べ日  内 自家労働 延べ 人  雇人延べ 人 

桃 受粉作業 花の摘み取り 3月28日~3月29日 25枚 受粉作業 中生種4月8日~9日


桃 摘果作業 第1次4月19日~27日 延べ9日 自家労働延べ10人 雇人延べ4人 
第2次 自家労働述べ日

第1次 4月日~5月日  第二次  5月日~日

桃 袋掛け作業 5月6日~ 5月8日  ・自家労働延3日 延べ3人 雇人0日延べ0人

新植樹 葡萄 シャインレッド 2本 巨峰 2本 シャインマスカット 4本

桃 千種白桃 2本  黄金桃 2本


業機械メンテナンスの記録

4月27日 SS、トラクター、モア、バックホウ オイル交換、SS、バッテリー補充液 充電その他

(中生種・晩生種のみ有袋栽培、早生品種は無袋栽培)

収量調節の基準

  品   種    3.3m(1坪)当たり  1房の
着粒数 
1房の
重 さ 
10 a当り
房 数 
10a当り
収 量  
収 穫
 糖 度  
新梢数  房数
デラウエア   30本 45房 90粒 120g 13,500房  1.6t  18度以上
サニールージュ  25~30本 14~15房  55~60粒  350g  4,300房  1.5t  17度以上


し 
巨 峰 20~25本  9房  36粒  450g  2,700房  1.2t  17度以上
(甘味比25以上)
ピオーネ 9~10房   30粒 500g 2,800房  1.4t
藤 稔  28粒


り 
巨 峰 25~30本 12~13房  32粒 400g 3,800房  1.5t 17度以上
ピオーネ   28粒
シャャインマスカット   20~35本  9~10房  40粒  500g  2,800房  1.4t  18度以上
ネオマス   22本  16房  65粒  450g  4,800房  2.2t  15度以上
ロザリオビアンコ   20~25本  10房  46粒  600g  3,000房  1.8t  18度以上
甲 斐 路   18~20本  12房  45~50粒  500g  3,600房  1.8t  17度以上
甲   州   25本  17房  65粒  350g  5,100房  1.8t  16度以上

資料:果実山梨(全農山梨県本部果実園芸部発行) 平成24年6月1日 第509号 抜粋

百目柿等級(110020)
 

個数  13  15  16   18  20   22   
 g 400   350 330 290   260  240   
 等級 3L 2L   L SS