果樹栽培農家の農業機械

リストマークtop


 農業(果樹栽培)を営むには、いろいろの農業機械・施設・農具が必要です。このコーナーではそれらの機械を順次紹介します。
農業機械は現代版の農具ですが、古く昔からの農具もあります。機会を見てそれらも紹介できたらと考えています。

 管理機(ガソリンエンジン)  トラクター(ディーゼルエンジン) 乗用モア(ガソリンエンジン)
管理機
下部ロータリーの回転により耕土や除
草をします。(約15万円)
 ナタ爪・ロータリーの付け替えにより除草や耕土をします。(約100万円)  下部に高速回転の2連の鎌があり、草を刈ります。(約70万円)2015.05
 乗用運搬車(ガソリンエンジン)  電動運搬車(バッテリィー)  軽貨物自動車(ガソリンエンジン)
 運搬機(ガソリン)  運搬機(電動)  
 葡萄園内での肥料や果物等の運搬に
使います。背が低く、ノンスリップの装置
もあるため便利です。(約35万円)
バッテリィーの力で動きます。
電動ですので静かです。操作は歩いてし
ます。(約20万円)
公道における荷物の運搬に利用します。
積載重量は350Kgです。
 (約35万円)中古車
 スピードスプレヤー(ディーゼルエンジン) 冠水ポンプ(ガソリンエンジン) 溝掘り機(ガソリンエンジン)
  灌水機   溝掘り機
  S・Sと呼びます。500リットルの防除液を
60aに約20分で散布します。動力噴霧器
では約1時間かかります。(約250万円)
 畑が乾燥したとき水を吸い上げ灌水しま
す。左がエンジン右がポンプです。
 (約15万円)
秋 元肥を散布するとき畑に溝を掘り・
また散布後、機具を付け替え溝を埋め
ます。 (約25万円)
 バックホー(ディーゼルエンジン)  穴掘り機(2サイクルガソリンエンジン)  結束機(家庭用電気)
 バックフォー 穴掘り機  結束機
 穴掘り・耕土・運搬・油圧を利用しての作業等工夫次第で何でもこなす万能機械です。葡萄棚の下でも作業できる小型車で石や植木など500Kg位まで運びます。
(約170万円)
葡萄園の支線を埋めるため、細く深い穴を掘ります。(約7万円)
KOMATU ZEAOH
ダンボール箱に詰められた果実の出荷箱や宅配便の箱をビニールひもで結わえます。これにより作業が大分能率化します。作業場に常置しておきます。
(約30万円)
 草刈り機(2サイクルガソリンエンジン)  チェンソー(電動2サイクルガソリンエンジン)  果樹粗皮剥ぎ機(ガソリンエンジン)
   
 ノコギリ歯は小木や草の根本を刈り取ります。ビニール紐は草の根本をエンジンの回転でたたきつぶします。(写真は紐)約5万円 手前(電動)約1万円・ 向こう側(2サイクルエンジン)約3万円 果樹の伐採・太枝の剪定に使用します。 ブドウや柿の粗皮剥ぎをします。100気圧の高圧の水で粗皮をはじき飛ばします。憤口を変えると農業機械等の高圧洗浄機になります。(セット価格約20万円)水のタンク500Lを使用 
 4輪バギー(2サイクルガソリンエンジン)50cc  除草剤散布機(2サイクルガソリンエンジン)  除草剤散布機(手動)
     
 園内見廻り・畑通勤用、約35万円  背負式・台車、約6.5万円    背負式(手動) 約1万円