中央自動車道 釈迦堂PA(上・下)より 歩いてお越しいただけます。

縄文遺跡の宝庫、山梨県。
7つの博物館が連携して活動をしています。
しゃかちゃんのつれづれ日記
(旧ブログ)
(2014/04/07)
 釈迦堂ニュース
【 JAF会員優待について 】
   窓口にて会員証をご提示ください。入館料が通常大人200円のところ、160円となります。
   会員を含む1グループが対象となります。是非、ご利用ください。

【 桃の花情報 】
 桃の花は例年4月10日頃が見ごろとなります。

     平成28年4月8日撮影
【公式facebook】facebookページはこちらをクリック。
【しゃかどう ふぁんクラブ情報】 ふぁんクラブ通信43号を発送しました。
 現在開催中の企画展・特別展
【第28回釈迦堂遺跡博物館特別展】
縄文序章 〜山梨県内の縄文時代草創期から前期の土器たち〜
↑詳細は上をクリックしてください。
縄文時代の序章ともいえる縄文時代草創期から前期の山梨県内出土土器に焦点を当て、約35点の資料を展示します。縄文土器初現段階の資料や前期後葉の緻密な文様を持つ土器などから、大胆さと緻密さを持った縄文人への思いを巡らせてください。
□開催期間 10月1日(土)〜1212日(月)
□会場 企画展示室


【記念講演会】のお知らせ
「縄文王国の胎動〜縄文時代前半の山梨〜」
日時:12月4日 午後1時30分〜3時
定員:20名
講師:村松佳幸氏(北杜市教育委員会学術課)
内容:現在展示している山梨県内出土の縄文時代草創期・早期・前期の土器の特徴や
   その時代の生活などを解説していただきます。
 イベント情報
縄文体験住居を公開しています!!!
この建物は、釈迦堂遺跡博物館が縄文時代の体験施設として製作しました。竪穴式住居をモチーフに、組立解体が可能で、
さらに宿泊ができます。今後、博物館ではこの建物を利用しながら子供向けの組立体験や宿泊体験などを行っていく予定です。また、解体することで移動も可能なため、学校やイベント等での活用も進めていく予定です。
今回は12月中旬まで設置予定です。

竪穴部分は箱を組み合わせて出来ているため、      柱や梁は石器でほぞ組みなので、ネジや釘を
子供でも持ち運ぶことができます。           使っていません。
       
屋根は板材などで出来ています。
       

柱や梁は縄文時代の竪穴式住居と同じクリの木を利用し、石器で加工しています。
        

見学をご希望の方は博物館受付にお申し出ください。

【上記イベントの申込み方法】
電話(0553-47-3333)またはメールにてお申込み下さい。参加希望日の1週間前までにご連絡ください。
メールの場合、イベント名を明記の上、参加人数・代表者のお名前と連絡先(住所・電話番号)をご記入下さい。
メールは右下のアドレスまで。
  釈迦堂遺跡博物館組合議会
 釈迦堂遺跡博物館組合告示第三号(平成28年12月7日)
 各種資料のご案内
 図録等販売のご案内⇒(釈迦堂遺跡に関する刊行物リストのご案内)
 〒405−0054
 山梨県笛吹市一宮町千米寺764
 釈迦堂遺跡博物館
 TEL0553−47−3333・FAX0553−47−3334
shakado@eps4.comlink.ne.jp
メールはこちらへ