中央自動車道 釈迦堂PA(上・下)より 歩いてお越しいただけます。

縄文遺跡の宝庫、山梨県。
7つの博物館が連携して活動をしています。
しゃかちゃんのつれづれ日記
(旧ブログ)
(2014/04/07)
 釈迦堂ニュース
【 JAF会員優待について 】
 窓口にて会員証をご提示ください。入館料が通常大人200円のところ、160円となります。
 会員を含む1グループが対象となります。是非、ご利用ください。

【 桃の花情報 】
 桃の花は例年4月10日頃が見ごろとなります。
【公式facebook】facebookページはこちらをクリック。
【しゃかどう ふぁんクラブ情報】 ふぁんクラブ通信48号を発送しました。
 現在開催中の企画展・特別展
 釈迦堂遺跡博物館 企画展 「峡東の土偶」
平成29年1月28日[土] 〜5月29日[月]  
ご好評につき、6月26日まで会期延長となりました。

 笛吹市御坂町上黒駒から出土したことで有名な黒駒土偶が発見されて100年。
 これを記念して、峡東地域で発掘された土偶が釈迦堂遺跡博物館に集まります。約700点もの土偶を一挙公開中。
 主な展示品 笛吹市桂野遺跡出土土偶・甲州市宮之上遺跡出土土偶
        甲州市安道寺遺跡出土土偶・釈迦堂遺跡出土土偶 他

□峡東の土偶チラシPDF
 イベント情報
土偶作り体験】
5月の週末は土偶作り体験を実施いたします。あなたも釈迦堂の土偶を作ってみませんか?
作った土偶は持ち帰ることができます。
□日時 5月13日、14日、20日、21日、27日、28日 受付は10時から15時
□料金 200円(材料費、入館料が別途必要です)
講演会のお知らせ】
企画展「峡東の土偶」の会期延長に合わせ、宮之上遺跡の発掘調査を担当した室伏徹氏による講演会を開催します。担当者から見た宮之上遺跡の土偶の特徴などをお話しいただきます。
□日時 6月3日(土)13:30
□講師 室伏徹 氏(山梨県考古学協会事務局長)
□会場 釈迦堂遺跡博物館
□お申込み 不要

【新発見の山城を歩こう】
 信玄の重臣で要害城の城主を信虎から命ぜられた『駒井高白斎』が記したといわれる『甲陽日記(高白斎記)』永正131516)年の条に「928日扇山破レ、依之信虎公黒林寺江御引籠ル、翌春御帰陣」とあり、信虎が扇山の敗戦で恵林寺に立て籠もったと解されます。この「扇山」は甲州市塩山の通称恵林寺山をさします。『甲斐国志』古跡部では扇山の遺構については記述が無く、この山に山城が築かれていたことは、江戸時代から知られていませんでした。しかし、昨年12月山梨郷土研究会研究集会での内藤和久先生の発表で初めて明らかとなりました。
  新緑の中に眠る新発見の巨大な山城を、恵林寺宝物館の小野正文館長の案内で探索しましょう。そして、午後からは山下孝司氏、内藤和久氏による恵林寺講座(別料金1000円)に参加して、更に深く学びましょう。
□日時:6月17日(土) 午前9時〜
□集合場所: 塩山ふれあいの森公園 駐車場甲州市塩山小屋敷1779)
□参加費: 500円(資料代・保険料)
□定員   20名(定員になり次第、締め切り)
□持ち物  昼食・飲み物・雨具・シート
  山歩きですので、歩きやすい服装でご参加ください。天候により中止する場合があります。
□申込み方法:博物館にお電話ください。


縄文体験住居は、釈迦堂遺跡博物館が縄文時代の体験施設として平成28年度に製作しました。竪穴式住居をモチーフに、組立解体が可能で、さらに宿泊ができます。今後、博物館ではこの建物を利用しながら子供向けの組立体験や宿泊体験などを行っています。また、解体することで移動も可能なため、学校やイベント等での活用を行っています。
(学校での体験準備のため、現在は設置しておりません。)
 
【上記イベントの申込み方法】
電話(0553-47-3333)またはメールにてお申込み下さい。参加希望日の1週間前までにご連絡ください。
メールの場合、イベント名を明記の上、参加人数・代表者のお名前と連絡先(住所・電話番号)をご記入下さい。
メールは右下のアドレスまで。
  平成29年度博物館実習について
釈迦堂遺跡博物館では平成29年度の博物館実習の受け入れを行います。
詳しくは博物館実習募集要項をご確認ください。
釈迦堂遺跡博物館 学芸員実習募集要項
釈迦堂遺跡博物館 学芸員実習申込書
  釈迦堂遺跡博物館組合議会
 釈迦堂遺跡博物館組合告示第一号(平成29年3月10日)
 各種資料のご案内
 図録等販売のご案内⇒(釈迦堂遺跡に関する刊行物リストのご案内)
 〒405−0054
 山梨県笛吹市一宮町千米寺764
 釈迦堂遺跡博物館
 TEL0553−47−3333・FAX0553−47−3334
shakado@eps4.comlink.ne.jp
メールはこちらへ