中央自動車道 釈迦堂PA(上・下)より 歩いてお越しいただけます。

縄文遺跡の宝庫、山梨県。
7つの博物館が連携して活動をしています。
しゃかちゃんのつれづれ日記
(旧ブログ)
(2014/04/07)
 釈迦堂ニュース
 はらぺこあおむしの訳をされた森 比佐志さんが3月に来館され、見学した企画展【峡東の土偶】の感想を『創生』の中で詠んでくださいました。
「黒駒土偶」 森 比佐志
 創生同人廣瀬さんの葡萄園丘つづき土偶釈迦堂陳列館を訪ふ
 千の土偶欠片(かけら)乍らに手に捏ねし器のかたちかくやと見せて
「黒駒土偶」百年祭といふ発掘の一九一七年は私誕生の歳
 釈迦堂に陳列の小さき土偶の破片(かけら)地の子等堀りしものの多しと
 顔の土偶口を開くると片目閉ずると伝えむこころ見ゆるがごとく
 土偶百千手を挙ぐるある手を開くあり作りしこころ想ひつつ見る
 土偶のひとつ破片(かけら)乍らにサルと見つ有りし姿の想像されて
 館に並ぶ土偶の多きに山裾原に埋もれ未発掘さらに多しと

 『創生』平成29年8月1日発行 創生短歌会 より
【 JAF会員優待について 】
 窓口にて会員証をご提示ください。入館料が通常大人200円のところ、160円となります。
 会員を含む1グループが対象となります。是非、ご利用ください。

【 桃の花情報 】
 桃の花は例年4月10日頃が見ごろとなります。
【公式facebook】facebookページはこちらをクリック。
【しゃかどう ふぁんクラブ情報】 ふぁんクラブ通信48号を発送しました。
 現在開催中の企画展・特別展

第29回特別展 【土偶の顔・かお・KAO】
平成29年10月4日(水) 〜12月11日(月)
今回の特別展では、注目度の高い県内の土偶(特に顔)を中心に、収蔵品ならびに甲州市・韮崎市・笛吹市・北杜市・南アルプス市・山梨市などから出土した資料を展示します。
縄文人が作りだした土偶の顔は、穏やかな表情を見せるもの、鋭い目で遠くを見据えるもの、笑っているように見えるもの、出産の苦しみに見えるものなど様々です。そんな土偶の顔から縄文人の感情の一端を感じ取って下さい。

 イベント情報
しゃかどう縄文まつり2017】
今年もしゃかどう縄文まつりを開催します。
土器や土偶を焼く野焼きの火を囲みながら、どんぐり団子の入った縄文なべを食べたり、どんぐりクッキーをつくったり、自然の中で
縄文人の生活を体験してください。縄文なべの無料配布、石おの体験、縄文アクセサリー作り、火おこし体験、どんぐりクッキー作り、縄文住居の見学などなど盛りだくさんの内容です。なお、体験の参加には入館が必要です。
□開催日   11月4日 10時から12時・13時から15時
□雨天の場合 一部体験できないメニューがありますので、ご了承ください。
□会場    釈迦堂遺跡博物館 縄文広場
→しゃかどう縄文まつり2017チラシ
土偶作り体験】
土偶作り体験を実施いたします。あなたも釈迦堂の土偶を作ってみませんか?
作った土偶は持ち帰ることができます。
□開催日 土曜日・日曜日 受付は10時から15時
□イベント等による体験休止日 11月3日・4日 
     その他、対応できない場合もございますので、事前にご相談ください。
□料金  200円(入館料が別途必要です)
□申込み方法 体験希望日の
1週間前までに電話またはメールにてご予約ください。
       ご予約の無い場合は対応できませんので、ご了承ください。

縄文体験住居は、釈迦堂遺跡博物館が縄文時代の体験施設として平成28年度に製作しました。竪穴式住居をモチーフに、組立解体が可能で、さらに宿泊ができます。今後、博物館ではこの建物を利用しながら子供向けの組立体験や宿泊体験などを行っています。また、解体することで移動も可能なため、学校やイベント等での活用を行っています。
(学校での体験準備のため、現在は設置しておりません。)
 
【上記イベントの申込み方法】
電話(0553-47-3333)またはメールにてお申込み下さい。参加希望日の1週間前までにご連絡ください。
メールの場合、イベント名を明記の上、参加人数・代表者のお名前と連絡先(住所・電話番号)をご記入下さい。
メールは右下のアドレスまで。
  釈迦堂遺跡博物館組合議会
 釈迦堂遺跡博物館組合告示第二号(平成29年10月2日)
 各種資料のご案内
 図録等販売のご案内⇒(釈迦堂遺跡に関する刊行物リストのご案内)
shakado@eps4.comlink.ne.jp
メールはこちらへ