釈迦堂遺跡の土偶

土偶の特徴

 釈迦堂では1,116個体の土偶が出土しています。これは全国の7%程度を占める数です。このうち前期のものが7個体、後期のものが1個体、他はすべて中期の物となっています。

常設展示では、釈迦堂遺跡出土の土偶1,116点すべてを展示しております。
(一部、貸出中の場合もあります。)

 

これらの土偶の特色は、まずその数の多いこと、いろいろな形態のものがあること、その製作方法がわかること、遠く離れて出土した土偶が接合するなど土偶の研究上欠かせない資料に恵まれていることです。

これは、土偶の胴下半身を直径30cmたらずの小さな穴に埋設したものです。土偶はばらばらに割られて、捨てれるものが多く見られますが、このように丁寧に埋められるものもあります。