特別展・企画展

企画展・特別展のお知らせ

特別展【縄文人が作った小さなもの】

□会期 令和4年7月13日(水)~12月26日(月)

  8月12日(金)、11月4日(金)、11月24日(木)は祝日の翌日で休館

 

■会場:釈迦堂遺跡博物館
■会 場 釈迦堂遺跡博物館 企画展示室
■入館料  一般・大学生400円、小中高生200円
■開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4:30まで) 

 釈迦堂遺跡博物館から出土した30トンにもおよぶ遺物の中で、特に小さなものに焦点を当て展示をします。ミニチュア土器と呼ばれる一般的な土器の数十分の一の小さな土器たちは、実用的な大きさではありませんが、精緻な文様が施されているものもあり、縄文人には大切な道具であったものと考えられます。「子供のおもちゃ」とも「お祭りの道具」とも考えられますが、確かなことはわかりません。また、いわゆるピアスのように装飾品として使われた土製耳飾りや、魚を獲得するために使った網の錘として考えられている土錘や土器片錘など、小さいながらバラエティーに富んでいます。 5千年余り前の縄文人たちが作り出した小さなものを存分にご覧いただき、この日本に暮らした先人たちの知恵や文化の奥深さをご堪能いただければ幸いです。

 

※画像の無断転載は禁止です。

 

 ミニチュア土器(釈迦堂遺跡出土品・国指定重要文化財)















土製耳飾り(釈迦堂遺跡出土品・国指定重要文化財)

      

土製円盤(釈迦堂遺跡出土品・国指定重要文化財)